スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LOVELESS 最終回 (ENDLESS) 

第12話◆ENDLESS

最終回のサブタイトルが 「エンドレス」 とは、これいかに。
オープニングがよかったです。これは、別バージョン?(CDに入ってるのかな)

11話の感想、ひきずります。

「立夏のいない人生なんて…」

と大学生に言わせてしまう、小学生。
草灯の、立夏に対する執着って、"清明の弟" っていうほかには、何があったんでしょうか。
そこんとこ、このアニメだけではわかりませんよね。

最終回、わかりにくかった… と思います。
他のかたの感想が楽しみです。


話はズレますが、立夏のおかあさんについて。

「立夏のために、好きなものばかり作ったのに!」

って、床に皿を叩きつける彼女を見て、少し共感してしまいました。
自分が、ひとりっ子(♂)の親だからそう思うんでしょうか。
愛情って、お互い同じくらいだったらいいんだけど、どっちかが少しでも多かったり少なかったりするとダメなんですよね。

あ~、ヘンな終わりかたされたから、こんな感想しか書けません。
それでも、DVDは予約しました。2巻まで買います。あとは、お手製DVDでガマン。


スポンサーサイト
[ 2005/06/30 13:01 ] LOVELESS | TB(3) | CM(0)

LOVELESS 第11回 (WARLESS) 

第11話◆WARLESS

小学生だから、怖いもの知らずなんでしょうか。
少なからず好意を寄せている人に対して、
「来ないでいい」 「帰れ、帰れ」 なんて、なかなか言えないですよね。

そ 「ですか…」
り 「ですよ!」

気がついたら草灯の写真ばっかりだったってのは、おもしろかったです。

でも、立夏たちが観覧車に乗るやいなや、マジに走り出す草灯は怖いよ…
こんな人、自分の友だちだったら、引きます。
思ったんだけど、フィルターのかかってない真っ直ぐな 「目」 と 「感性」 で見たら、立夏と草灯ってどう見えるんだろ。
すっかり腐ってしまった私には、判断しようがないのです…

「蝶々見て、俺のこと思い出してくれたんだ」
 ……
「つかまった」

このシーンを見て、和みつつも、なんだか煮え切らない私でした。

結局、弥生さんてなんだったんでしょうね。
いる意味、あったのかな。

[ 2005/06/30 13:00 ] LOVELESS | TB(0) | CM(0)

思わぬところで草灯 

HDDレコーダーの調子が悪くて、録画したアニメが見れません。
感想も書けなくて、寂しいわ。
メールくださった奇特なかた、ありがとう。こんなブログにも、読者がいるのだと知って、感動しきりです…

ところで、おとといの日曜、キッズステーションで「デュエルマスターズ」を見ていた息子が
「ママ、ママ、"そーび" の人だよ、"らぶれす" の人!」
と呼びにきました。
見ると、ドラゴンマスク?だったかな、その声が小西くんでした。
でもって、バトルの様子が、まんま草灯だった!(じ~ん)

なんか、ものすごく感動した。
ありがとう、草灯 (違う)


p.s. ちなみに、息子にとっての小西くんは、ポケモンバトルの審判だったり、レックウザだったり、サボネアだったりします(笑)
[ 2005/06/28 09:01 ] LOVELESS | TB(0) | CM(0)

LOVELESS 第10話 (NAMELESS) 

第10話◆NAMELESS

倭の焦ったような喋りかたを聞くたびに、悲しいなぁと思っていたんですが、今回もせつなかった。
立夏とお茶してるときの、ちょっと楽しげな倭をずっと見ていたかった、そんな感じ。

そして、いよいよ、2対2の戦闘。
ここ、なんで墓場にしたんでしょう。原作と同じ、草っ原でよかったような気がします。
戦闘は綺麗でした、カッコよかった。でも、ワタシ的には字は出さないほうがよかったかな。

恥をしのんで書きますが、江夜と倭の選ぶ死というのは、本当の死?
何かの比喩ではなくて?
リストカットもそうだけど、二人のあんなやりとりを夜中に聞かされると、妙な気分になります。
私も眠ったら、すぅっと死んでしまいそうな。しかも、墓場だし…
12禁くらいの匂いがしませんでしたか。

次回は、少し明るい雰囲気で楽しめそうかしら。
みんなで遊園地に行くみたいです。そして、遠くから見張る草灯…
怖いですよ…

来週は、弥生さん大活躍!の予感?(笑)
[ 2005/06/21 14:49 ] LOVELESS | TB(3) | CM(0)

LOVELESS 第9話 (SKINLESS) 

ちょっとダメ… 渚先生に耐えられなかった。

第9話◆SKINLESS

ケガをした草灯を助けに向かった奈津生と瑶二は、立夏とご対面。
草灯の「立夏にちょっかい出すな」は、ちょっと想像と違ったけど、息も絶え絶えで色っぽかった。

一方、江夜と倭。
BLは平気なくせに、このふたりのキスシーンには違和感を感じる自分にちょっとショックでした。
嫌悪感ではないのだけど、あの境内でのシーンに入っていけずに、置いていかれた気がしました。
偏見はないつもりなんだけど。

それに、渚先生。
私、ダメだ、この人。
マンガでもつかめない人だけど、声がついたら、もう我慢できなくなってしまった。
倭への物言いも憎たらしいし、律先生への態度も大人げないし、この先、どれだけ頑張れるか、私。

さて、草灯の部屋では、奈津生と瑶二が、立夏に戦いのいろはを教えていました。

"ひとりで戦わせてるから 草灯がケガばっかりしてる"
"戦闘機が戦闘システム展開してるのに 気がつかないなんて"
"草灯とお前は つながってない"

と、言われ放題の立夏。
そんなことないよね、最近はちゃんと気づいてたよ、つながってたよ、と私は思うんだけど、実際はどうなんでしょう。
その彼らのいう、唯一無二の関係というのに、なれるのかしら。
そもそも、草灯が何をどう考えてるのかが、私はわからないのでイライラするばかりです。

だけど 「好きだよ」 っていうのは、本当なんだろうけど。
(やっと、生で聞けた)

来週は、いよいよ2対2での戦い。

+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+





DVD、楽しみです。
私は、4話から録画したので、vol.2まで買うかな。
本当はぜんぶ欲しいけど。

[ 2005/06/03 06:45 ] LOVELESS | TB(5) | CM(0)

LOVELESS 第8話 (TRUSTLESS) 

第8話◆TRUSTLESS

立夏の家で、タバコ吸ってる草灯のけだるいこと。
さすがに小学生には、この "間" は理解できないでしょうね(笑)

そして、草灯 vs. 江夜&倭。

江夜は、いちばん好きなキャラ。
ずっと冷静だった彼女が
「戦闘機が死んだなら アンタも死ね」
っていうところで、すごく感情的になるところが好きです。

アニメでも
「私たちの名前は ゼロといいます」
っていうセリフの冷静さとはうってかわって、いきなりキレる江夜がとてもよかった。

江夜にとって倭は絶対的な存在だから、サクリファイスを代える草灯には我慢ならないんですね。
私が、江夜と倭みたいなキャラに惹かれることって、ほぼないんですけど、このふたりだけは好き。ドキドキします。

それにしても、今回の戦闘は、このアニメを途中から見ている私にとっては、初めての戦闘らしい戦闘でした。とっても草灯らしくて美しかった。さすが、草灯、砕かれるところも綺麗。

来週は、草灯の家に行くところ、ちゃんとやるかな。
タクシーの後ろの座席で、立夏が奈津生と瑶二にはさまれて座るシーン、かわいいですよね。あと、草灯の家に着いてからも。


でもって、弥生さんと先生は今週もただお気の毒なだけでした。
先生はいいけど、弥生さんの存在理由って…

[ 2005/05/26 15:48 ] LOVELESS | TB(3) | CM(0)

LOVELESS 第7話 

今回は、原作よりよかった。

第7話 TEARLESS

先週の続きで、ゼロとの戦い。
釘のシーンは、深夜アニメだからか、特に気をつかうこともなく、そのまま映像化されてましたね。
でも、痛みを感じたことのない人が、他人の痛そうにしてる顔が好きっていう心境はよくわからないな。
マンガのゼロのほうが顔が可愛いから、草灯の手に釘を打つのも、遊びの延長的な雰囲気が出てたと思います。アニメのゼロは、言葉尻も強いし、ワルって感じがプンプンです。

立夏を呼べよ、と言われて
「呼んでも届かない オレ達はまだつながっていないから」
って、草灯は言ったけど、ちゃんと届いてたよね。
立夏はちゃんと探しに来てくれました。

原作では、草灯が立夏の家のベランダまで行くのです。
ここを読んだとき、ずっと家でうだうだしてる立夏にちょっと腹が立っていたので、アニメの展開はとっても嬉しかった。
どうしたらいいかわからないだけで、草灯が思ってるよりはずっと、立夏は草灯のこと考えてるのにね。

いちばんよかった台詞は

草灯 「立夏みたいなこと言うなよ うっかり可愛くなっちゃうでしょ」

変態だ~!と言われて、どういうふうに思考を回したらそんな言葉が出るんでしょう…
[ 2005/05/19 20:59 ] LOVELESS | TB(6) | CM(0)

LOVELESS 第6話 

やっと聞けた、「好きだよ、立夏」。
回想シーンと、DVDのコマーシャルだったけれど、それでもよかった。

第6話◆PAINLESS

なんて、小憎たらしい、瑶二と奈津生。
ここはマンガでも、いや~なシーンだけど、声付きだとさらにクソガキでした。
でも、吠えてうるさいから…と、犬を殺ってしまうところは、いかにもこの世の血の通った少年とは違う雰囲気が出ていて、好きなんです。
何発も殴ったり蹴ったりするわけじゃなくて、一撃でしょう。そこが、ちょっとゾクっと…(危険?)

「釘」のところまで、話が進んでしまうのではと、音を消す準備をしながら見てましたが、序の口で終わってしまいましたね。
次回は痛くなりそうです。


気の毒だった人。
ひとりは、弥生さん。
なんだか、丸尾くん(@ちびまる子ちゃん)みたいになっちゃってさ。
立夏のこと、恋のライバルって思ってるんだけれど、一緒に遊びにも行けば、合奏部に誘ったりもする。
あのくらいの年頃の男の子って、結構寛容なのかしら。
それとも、「ユイコさんの好きな人だから、僕も仲よくする」 という潔さ?(子どもっぽさ?)
…なんて、真剣に考えてみたりして(笑)

でも、「キモい」 なんて言われたらねぇ。
立夏に泣きついてましたね。ふたりが親友になればいいな。


もうひとりの気の毒な人は、どうしたって瞳先生でしょ。
またしても、草灯にひどい言われようでした。多分、来週はもっとひどい… 原作どおりなら。
瞳先生の出てくるシーンは、毎回毎回、先生が引け目を感じたり、恥ずかしがったりしている気持ちがすごく伝わってきて、女性としては目をそむけたくなってしまいます。
原作でも同じで、どんくさいなぁ、ダメじゃん、って思うんだけれど、なんだか嫌いになれないのです。


あれっ、立夏のこと、ぜんぜん書いてない! 何かひと言、書かなくちゃ。立夏の言うことは、私には難しくて、よくわからないのが本当のところです。だから、毎週悩みます。
[ 2005/05/12 14:55 ] LOVELESS | TB(1) | CM(0)

LOVELESS 第5話 

え~。

第5話◆SLEEPLESS

原作があるものをアニメ化するとき、プラスされる要素もあれば、端折られる部分もあります。でも、監督さんは、よかれと思ってやってるんでしょうから、たぶん満足してるってことですよね。
だったら、今回の「キスして」メールのシーンは、どうしてああいうふうにアレンジしたのかしら。ああすることによって、どんなところがよかったと思ってるのかしら。

立夏が携帯の画面にキスするところが好きだから言ってるわけじゃありません(いや、そうなのか?)
でも、マンガのあのシーンに、どこも無駄なところがあったとは思わないし、あの順番がよかったのに。
まぁ、こういうアニメ ~特に深夜アニメなんかだと~ 原作を知っててなんぼ、みたいなスタンスになりがちなので、しかたないのかな。
ちょっと不満。

でも、初めて見た戦闘の場面はよかったです、とっても。
言葉で闘うところを、映像と音声付きで見るのは、かなりぞくぞくしました。
金ちゃんだか銀ちゃんはイヤがってたけど、相手の言葉の揚げ足をとっていく攻め方がね、もう~素敵。

早くDVDにならないかなぁ。
未だに聞けない「好きだよ、立夏」と、どうしても見たいピアスのシーン。
[ 2005/05/05 11:48 ] LOVELESS | TB(1) | CM(0)

LOVELESS 第4話 

第4話◆FRIENDLESS

4回目にして、やっと見れました。
衝撃! なにが衝撃って、「りつか」なんですね、名前。
ずっと、「りっか」だと思ってた。コミックス見たら、ほんとだ、「りつか」だ。

草灯があんまり出なくて残念でした。立夏と話してるところとか、闘ってるところが早く見たいな。
でも、そのかわり、おかしな弥生さんに大爆笑。「好きだーっ」って、もうすっごい変キャラ(笑)
ユイコと先生の話を立ち聞きしてるところが最高でした。

最初なので、キャラの印象など。

☆立夏
大人っぽい印象。もっと可愛いのかと思いました。
皆川の純ちゃんの声も、思ったのとは少し違った。テニプリが終わる頃になって、やっとリョーマに萌えを感じ始めた私ですが、立夏にも似たものを感じます。危ない!(?)

☆草灯
出番が少なかった…
でも、オープニングやCDのCMで出る映像を見ただけで、胸にズンと。
来週は闘うよね。

☆ユイコ
どんなにウザいか心配だったけど、結構かわいくて拍子抜けしました(笑)

コミックスは4巻まで買いました。
思いもかけず、4巻は限定版が買えました。やっぱ田舎はいいなぁ。
5巻も限定版が明日届きます。楽しみ~
[ 2005/04/28 03:48 ] LOVELESS | TB(0) | CM(0)
profile

ゆり

  • Author:ゆり
  • こんにちは、ゆりです。

    しばらくお休みしていました。
    すっかり忘れられていると思いますが また「愛のあるものv」について だらだらと綴っていくことにしました。

    いまは「恋華2」と「ルーンファクトリ2」「カードヒーロー」をやってます。
    楽しみにしているのは「DSときメモ2」「白銀」そして「遙か4」かな。

    (2008.1.21)



search
mail me

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。