スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

幕末恋華 新選組 ドラマCD 

♪主人公はね サクラバ スズカっていうんだ ほんとはね~
(サッちゃんのメロディで)

ちゃんと名前があったんですね(おいおいおいおい)
いや、あるのは知ってたんですが、桜庭鈴花(←漢字調べてきた)は初耳でした。
だって、取説にも "少女" としか載ってないんだってば。

「幕末恋華 新選組」のドラマCDを聞きました。
土佐藩の "人斬り以蔵" こと岡田以蔵と鈴花の交友を描いたストーリーで、時期としては、鈴花がまだ京都に来たばかりの頃です。互いの素性を知らずに、友だちとなった二人の、ぎこちないけどほのぼのしたひとときに癒されます。
鈴花の声、いいですね、すごく聞きやすい。

隊士たちは、鈴花のことが心配でたまらないんです。でも、お互いけん制しあってるの? なんかコソコソしててヘンだよ!(笑)
そんななか、左之だけは直球で行動してて、かわいい!好き!
セリフもね、なかなか考えてあるなぁと思いました。「萌え」はないけど、何度も聞きたくなる感じです。私的には、ハジメちゃんの無骨さがよかったな。

ウィキペディアで、以蔵さんについて調べてみたら、辞世の句が載ってました。

君が為 尽くす心は 水の泡 消えにし後は 澄み渡る空

泣けます。
私は、以蔵について、ほとんど何も知らなかったから、ドラマのエンディングと重なってよけいに悲しいのかもしれません。「水の泡」って気がつかないうちに、死ねればよかったのにね。



スポンサーサイト
[ 2005/04/14 20:33 ] アニメ&ドラマCD | TB(0) | CM(0)

S.S.D.S. の Seven Vitamins ♪ 

最近知り合った、直ちゃんファンのHさんに、あれこれ洗脳されてます。
今回、私の中でず~っとくすぶり続けてきた、速水さんプロデュースのS.S.D.S.(スーパー・スタイリッシュ・ドクターズ・ストーリー)のボーカルアルバムを聴かせてもらいました。
本当はドラマが聴きたいんだけど(図々)

◆Seven Vitamins
(スーパー・スタイリッシュ・ドクターズ・ソングス)

キャラを知らないので、ミニドラマの「診察室」の部分はちっともわかんないんだけど、みんな上手い。それに、よくあるキャラソンとは違うんですよ、曲調が全然。
これは現在の、「猫も杓子もキャラソン」といった風潮に一石を投じるアルバムなんですか>速水さん

速水さんと賢雄さんの歌なんて、アンジェ以来です。懐かしい~
(オスカーの歌は数曲聴いたものの、ファイヤーの歌しか覚えてない)
俊彦さんは、ルヴァ様と三蔵、ルーイの歌は聴いたことあります。でも、こんなに熱唱してる俊彦さんは初めて。この歌がいちばん好きかな?(「疾走」)
森川さんも、やっぱり上手い。だけど、このミヒャエル・シューマイヤー先生っていうのは、どういう人? シリアスなときもあるの? ずっとこんな感じ?
直ちゃんの歌は、とても新田先生とやらに歌えるとは思えない、難しい歌です。そして、やっぱり上手い。

檜山さんは、もう何を歌っても、私には鈴鹿の歌にしか聞こえません。
この曲なんて、GSのキャラソンよりも、ずっと鈴鹿っぽかった(笑)

でもって、これ、ゲームが出るんですね。
サンプルボイス聞いてきましたが、どういうゲームなのか、さっぱりわかりません。
ゲーム画面も出てないし、なんの説明もないし、ホントに発売されるのかな?
STACK software


[ 2005/04/05 20:38 ] アニメ&ドラマCD | TB(0) | CM(0)

DVD 「吟遊黙示録 マイネリーベ 第1楽章」 ドラマCD 

不思議アニメ 「マイネリーベ」のDVD 第1楽章(1巻)のおまけについてきたドラマCD 「秘密の花園」。このCDがついてるから買ったんだけど…
何度聴いても、気がつくと、聴きながら他のことを考えているのはなぜ。

中身をちょっとご紹介。
オルフェに盲目的な想いを寄せるクルツ(cv. 宮田くん)という下級生の視点で始まります。
出番の多さ : クルツ≧カミュ>オルフェ>ルーイ>エド

〔聴きどころ〕
オルフェと仲のよいカミュに嫉妬して、カミュの温室を荒らしに行くクルツ。
でも追ってきたカミュは知ってか知らずか、「花を育ててみない?」とクルツを誘います。
「花なんかに興味はない」と憮然とするクルツに、
「君に興味がなくても、花のほうがね、君に語りたがっている」とカミュ。
あ~、なんてベタな展開。
でも、不覚にも感動してしまいました、私としたことが。

オルフェとカミュが、クルツのことを「クルツ君」と読んでるのが、今にもカミそうで気になります。

でも、マイネって乙女ゲーなのにね…
「耽美夢想」だったのにね…
なんて摩訶不思議なアニメになっちゃったんだろうね。

やっぱり笑ってしまうのが、カミュの歌。
私、幼稚園の先生をしていたことがあるんですが、幼児向け(幼児が演じる)の音楽劇によくこんな歌が出てきます。
ひたすらかわいい。

2巻目からは、値段がはねあがってしまうので、買うのはきっとこれっきりです。
この1巻目は、第1話+櫻井くんインタビュー、そして、ミニドラマCDで定価3,150円。
安いような、普通のような…。ま、記念アイテムとして(なんの記念)買ってみました。



[ 2005/03/08 14:13 ] アニメ&ドラマCD | TB(0) | CM(0)
profile

ゆり

  • Author:ゆり
  • こんにちは、ゆりです。

    しばらくお休みしていました。
    すっかり忘れられていると思いますが また「愛のあるものv」について だらだらと綴っていくことにしました。

    いまは「恋華2」と「ルーンファクトリ2」「カードヒーロー」をやってます。
    楽しみにしているのは「DSときメモ2」「白銀」そして「遙か4」かな。

    (2008.1.21)



search
mail me

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。