スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LOVELESS 最終回 (ENDLESS) 

第12話◆ENDLESS

最終回のサブタイトルが 「エンドレス」 とは、これいかに。
オープニングがよかったです。これは、別バージョン?(CDに入ってるのかな)

11話の感想、ひきずります。

「立夏のいない人生なんて…」

と大学生に言わせてしまう、小学生。
草灯の、立夏に対する執着って、"清明の弟" っていうほかには、何があったんでしょうか。
そこんとこ、このアニメだけではわかりませんよね。

最終回、わかりにくかった… と思います。
他のかたの感想が楽しみです。


話はズレますが、立夏のおかあさんについて。

「立夏のために、好きなものばかり作ったのに!」

って、床に皿を叩きつける彼女を見て、少し共感してしまいました。
自分が、ひとりっ子(♂)の親だからそう思うんでしょうか。
愛情って、お互い同じくらいだったらいいんだけど、どっちかが少しでも多かったり少なかったりするとダメなんですよね。

あ~、ヘンな終わりかたされたから、こんな感想しか書けません。
それでも、DVDは予約しました。2巻まで買います。あとは、お手製DVDでガマン。


スポンサーサイト
[ 2005/06/30 13:01 ] LOVELESS | TB(3) | CM(0)

LOVELESS 第11回 (WARLESS) 

第11話◆WARLESS

小学生だから、怖いもの知らずなんでしょうか。
少なからず好意を寄せている人に対して、
「来ないでいい」 「帰れ、帰れ」 なんて、なかなか言えないですよね。

そ 「ですか…」
り 「ですよ!」

気がついたら草灯の写真ばっかりだったってのは、おもしろかったです。

でも、立夏たちが観覧車に乗るやいなや、マジに走り出す草灯は怖いよ…
こんな人、自分の友だちだったら、引きます。
思ったんだけど、フィルターのかかってない真っ直ぐな 「目」 と 「感性」 で見たら、立夏と草灯ってどう見えるんだろ。
すっかり腐ってしまった私には、判断しようがないのです…

「蝶々見て、俺のこと思い出してくれたんだ」
 ……
「つかまった」

このシーンを見て、和みつつも、なんだか煮え切らない私でした。

結局、弥生さんてなんだったんでしょうね。
いる意味、あったのかな。

[ 2005/06/30 13:00 ] LOVELESS | TB(0) | CM(0)

思わぬところで草灯 

HDDレコーダーの調子が悪くて、録画したアニメが見れません。
感想も書けなくて、寂しいわ。
メールくださった奇特なかた、ありがとう。こんなブログにも、読者がいるのだと知って、感動しきりです…

ところで、おとといの日曜、キッズステーションで「デュエルマスターズ」を見ていた息子が
「ママ、ママ、"そーび" の人だよ、"らぶれす" の人!」
と呼びにきました。
見ると、ドラゴンマスク?だったかな、その声が小西くんでした。
でもって、バトルの様子が、まんま草灯だった!(じ~ん)

なんか、ものすごく感動した。
ありがとう、草灯 (違う)


p.s. ちなみに、息子にとっての小西くんは、ポケモンバトルの審判だったり、レックウザだったり、サボネアだったりします(笑)
[ 2005/06/28 09:01 ] LOVELESS | TB(0) | CM(0)

雑談 + 『37º8’の欲望』 

ネットで、
『王朝月下繚乱ロマンセ』 と 『夢のころ、夢の町で。』
を、お願いしました。
本当は、本屋さんに買いに行ってもよかったんだけど、ネットじゃないと手に入らない本も頼みたかったのでついでに。
そろそろ発送されそうです、早く来~い。



ロマンセの表紙、なんかふたりがせつなそうな顔してるけど、そんな話なのかしら。
千寿が鷹匠の男の子と仲良くなる話は、雑誌で読んだんだけど、その後の話もあるのかな。
鷹匠の子、千寿のお世話係になったでしょ、その後。
楽しみにしてるのです。
あとは、業平んとこのカップルと。








晴天!の表紙は、見れば見るほど笑えますね。
勇太、人相悪っ!
今回は、勇太が当たり屋やったりした頃の話なのね。
秀が、どつかれながらも、何回も何回も勇太を引き取ろうと頑張った話が、物語で読めるのが嬉しいです。







さて、昨日は、この本、読んでました。

37º8’の欲望
水月真兎 著
フロンティアワークス (2005.3)



(ネタバレ)
最初は、先生×生徒もの。
でもって、あとになると、博徒×次期組長 みたいな…。

この先生の本心がわからなくて、ハッピーエンドにケチがついちゃった感じです。
最初、先生も 「生徒と関係をもつのはまずい」 と思ってるんだけど(多分)、生徒が組長の孫だということを知って、利用しようとするわけ。
ここのところが、本心なのか、なんちゃって作戦なのか、何回読んでもわからなかった。

生徒のほうが、利用されると知ってショックを受けて、ちょっと情緒不安定な淫乱モードになってしまって、それで先生も反省して、ふたりは結ばれる… ってことなんだけど。
うーん、うーん、納得いかん。
でも、タカツキノボルさんの絵はいつ見てもいいものです。

だいたい、こんな先生いたら、即逮捕さ。
最近、危ない先生って多いでしょう? こういう本も、有害図書に指定される日が来るのも近いのでは…、やだよ~。

納得いかないので、★2つと半分。
納得いかないので、其ノ壱でなく、こっちに書きました。


さて、ディアプラス ナツ号の続きを読もうっと。
あとにとっておいた、うえだ真由さんのダイバーもの?です。
私は、海も夏も大っキライなので、ダイバー萌えはしないけど、うえだセンセは私と "萌え回路" が似てるような気がします。
なんとなく、読むたびにいつも思うのです。


そして、その後は、友だちから名産のワカメと一緒に送られてきた森本あきさんの「南国花嫁シリーズ」?「三兄弟×三兄弟シリーズ」?を読む予定です。
これも、タカツキさんの美麗イラストで、読む前からイラストを全部見てしまう私…。

ところで、送り票に「食品(ワカメ)」とだけ書くのはやめてください。
家族が開けちゃったじゃないですか!

[ 2005/06/24 14:24 ] BL小説・マンガ | TB(0) | CM(0)

英国戀物語エマ サントラ 

「英国戀物語エマ」 のサントラ、Silhouette of a Breeze を買いました。
アニメの放映時間が深夜だったせいか、聴いていると寂しくなってきます。
オープニングもエンディングもインストでよかったなぁ、としみじみ。

19曲入っていますが、オープニングテーマが3種(オリジ・ピアノ・リコーダー)、エンディングが2種(オリジ・ピアノ)というように、バージョン違いが入っているものがあるので、メロディとしては14曲ってことになるのかな。
私は、オープニングテーマ Shilhouette of a Breeze のピアノバージョンがとても好きです。

そういえば、冬のソナタのアルバムにも、同じ曲がいろいろな演奏で収録されていて、こんな感じだったっけ。
なんでそんなことを思い出したかというと、Shilhouette... (ピアノ ver.)の一部が、ちょこっと冬ソナの曲に似てるのです。

それにしても、日本のCDは高い。






[ 2005/06/23 12:54 ] エマ | TB(0) | CM(0)

小説ディアプラス◆ナツ 

小説Dear+ナツ号。
今回は、ぐんぐん読んでます。
暮れに買ったフユ号に載っていた、桜木さんの 『どうなってんだよ?』 が、読まないうちに文庫でリリースされてしまい、これじゃいかん!と心を入れ替えたんでございます。

久我有加さんの 「明日、恋に落ちるはず」 は、幼なじみの高校1年生同士のお話。
この前読んだ 『カッコ悪くてカッコイイ君』(久我さんが原作のマンガ)も、高校生から大学生までの話だったけど、この作家さんは年長キャラの話のほうが面白いなぁと思った。
悩んで悩んで悩み抜くタイプのキャラが多いし、すぐHに走るような展開もないから、高校生が主人公だと、単なる爽やか青春小説になっちゃうのよね。いや、それでもまったく構わないんだけど。

今回は、気持ちを確かめ合うとこでおしまいだったので、次号はどうなるかな。キス止まりのような気もします…

でね!
松前さんとうえださんは、お楽しみにとっといて、渡海奈穂さんの 「甘えたがりで意地っぱり」を読んだところ、これが面白かったです。
下克上モノ?(ちょっと違うかも)
チャラチャラとあちこち男に声かけまくってる先輩と、目をつけられた後輩の話なんだけど、最初は押され気味だった後輩がいきなり豹変するのがおかしいったら!
言葉遣いも態度も、どんどん不遜になっていくんだけど、その過程がもう大笑いでした。

何があっても続きが読みたいです、コレ。

「おおいぬ荘」 のCDって、お店じゃ買えないのね。
http://www.shinshokan.co.jp/comic/index.html
試聴、してきました。
ガチャガチャした雰囲気は、すごくよかったけど、うーん。

そだ。
巻末に、「ディアプラス8月号」 のお知らせがあって、そこに 「是」 のイラストが出てるのです。
はぁ~、素敵ねvvと思ったのも束の間、そこに載ってる誰ひとりの名前も覚えてない自分が哀しい。


Trackback People 「萌えるボーイズラブ」
[ 2005/06/23 01:44 ] BL雑誌 | TB(0) | CM(0)

LOVELESS 第10話 (NAMELESS) 

第10話◆NAMELESS

倭の焦ったような喋りかたを聞くたびに、悲しいなぁと思っていたんですが、今回もせつなかった。
立夏とお茶してるときの、ちょっと楽しげな倭をずっと見ていたかった、そんな感じ。

そして、いよいよ、2対2の戦闘。
ここ、なんで墓場にしたんでしょう。原作と同じ、草っ原でよかったような気がします。
戦闘は綺麗でした、カッコよかった。でも、ワタシ的には字は出さないほうがよかったかな。

恥をしのんで書きますが、江夜と倭の選ぶ死というのは、本当の死?
何かの比喩ではなくて?
リストカットもそうだけど、二人のあんなやりとりを夜中に聞かされると、妙な気分になります。
私も眠ったら、すぅっと死んでしまいそうな。しかも、墓場だし…
12禁くらいの匂いがしませんでしたか。

次回は、少し明るい雰囲気で楽しめそうかしら。
みんなで遊園地に行くみたいです。そして、遠くから見張る草灯…
怖いですよ…

来週は、弥生さん大活躍!の予感?(笑)
[ 2005/06/21 14:49 ] LOVELESS | TB(3) | CM(0)

ツバサ・クロニクル 第11話(選ばれたアシタ) 

第11話◆選ばれたアシタ

前回の「別離のカガミ」の感想、書いていません。
期待していた、キィシム vs. ファイ&黒ぴーの酸性雨バトルが、あまりにもしょぼかったので。
しょぼい、というのは違うかな、今までの戦闘シーンと同じく生ぬるかったといったほうがいいのか。

今回も。
ダンバルと小狼の闘いに、いまひとつ緊迫感が漂っていません。
私、このアニメの "間" や、まったり感は嫌いじゃないんです。でも、闘うときは、シャキーンとしてほしい、リズムをもっと大切にしてほしい、そう思います。

それでもやっと、アホ親子をやっつけることができて、ひと安心。
と、同時に、この国ともお別れなのは寂しいですが。
最後、キィシムがダンバルを連れて行くところは、ちょっとゾクっときましたね。
彼女の国で、いったいどんな責め苦にあうのやら… 想像しただけで恐ろしいです。

そして、密偵衆が!(笑)
か~わい~い。

次回は、「モコナのものまねにドッキドキ~♪」
ゼッタイ、原作と同じにやってね、あー楽しみ。

[ 2005/06/21 14:19 ] ツバサ・クロニクル | TB(2) | CM(0)

英国戀物語エマ 第12章 (最終回) 

とりあえず、おしまい。

第12章◆スズラン

12回で終わりって知らなかったのは、私だけですか。
でも、そんな私でも、いつもと違うオープニングに、ああそうか… とわかりました。

宙ぶらりんなところで、放り出されてしまった感があって、うまくまとめられそうもありません。なので、キャラ語りも含めながら、最終回の感想を書いてみたいと思います。


まず、ハキム。
いつまで居候してるんだか。
エマが旅立つことを 「本当は言いたくなかった」 って、こっそり自分が迎えに行くつもりだったのかなぁ。
もしそうだとして、ウィリアムさんのためにそうしようと思ったのか、自分がもう一回言い寄ろうと思ったのか… 謎いっぱいで、でもやっぱり、どこまでも王子様な人でした。
(それと、うえださんの冷ややかな演技が聞けて、嬉しかったです)


で、ウィリアムさん。
部屋でぼーっとしてる場合じゃないっつの。でも、ぐるぐる一生懸命考えたんだよね。
もし、エマと一緒になっても、エマは幸せになれないかもしれない… って。
その結論は、やっぱり正しいと思うし、いくら「水辺で生きる」って決心しても、なかなか実行に移せないのもわかる。
だから、ウィリアムさんをダメ人間とは思わない。
だけど! お見送りのときは、もうちょっとなんかこう、言うべきことがあったんじゃないの? 笑顔なり、泣き顔なり、見せるべきじゃなかったの? と思いました。


そして、エマ。
ウィリアムさんへの置き手紙に書いたことは、本心かもしれないけれど、やっぱり泣いてて…。
お見送りに来てくれて、嬉しかったとは思うんだけど、なんか複雑。


最後に、アーサーさん(笑)
アーサーさん、というか、宮田くんが出なかったら、きっとこのアニメは見ることがありませんでした。だから、すごく感謝。
キャラ的には、憎ったらしかったですけれど。


あ、忘れてた、エレノアさん。
この人の態度を、けなげととるか、ずるがしこいととるか…。
でも、高校時代、こういう女の子がいましたよー。
ぜったい相手にフラせないように、うま~く話を運んでいく女の子が!
だから、今回のエレノアは、いやらしく感じました。

+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+

そして、第2部が始まることを祈りつつ、ひとこと。

マンガをアニメ化するとき、

「原作を知らない人でも、無理なく理解できる」
「アニメだけで、ひとつの物語として完結させる」

このふたつは、かならず守っていただきたいのです。
アニメ化は、マンガの売上げを伸ばすためのものでもなく、マンガを読んでいる人のためのサービス企画などでもなく、まったく個別のエンターテインメントです。

つまり、

「いつも読んでくれてありがとう。
映像化してみたら、こんなふうになりました。続きは雑誌(コミックス)で読んでね」

ではいけないと思うのです。
だから、いろいろ大人の事情はあるでしょうけれど、第2部を作るのは義務だと思っていただきたいです。



絵も音楽も声も、本当に素敵なアニメでした。

[ 2005/06/20 13:25 ] エマ | TB(4) | CM(0)

せっかく再会したのにっ 

最近、ちょっとイイなと思ってるのが、"再会したのにどちらかが気がつかない" 設定。
(このあと、ずるずるネタバレ)

bk1の甘いぬくもりのページにリンク
















きっかけは、遅ればせながら読んだ、エビリティの笹生くんの話。
(ごめ~ん、 2巻の写真を撮ってしまった! 笹生の話は1巻です)
これは、顔見知り… いや、それ以下かな。モデルのケイが、ちょっとだけ言葉を交わした笹生のことが忘れられなくて、やっと探し当てて会いに行ったのに、当の笹生は覚えてない、というストーリーです。

で、ですね。この設定のツボは、「作者がどのように、この作品が再会ものであることを、読者に気づかせるか」 というところにあります。
たとえば、この話の場合だと、笹生はケイと初めて会ったとき 「シベリアン・ハスキーに似てる」 と言うんだけど、ケイと再会しても、(相手が同一人物だとは知らずに) また同じことを言ってるんですね。
すると、ケイが
「同じこと言うんだな…」
って。 これこれ! こういうときのセリフがイイなぁ~と。

+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+

先日買った 『甘いぬくもり』 に入っていた 「恋も二度目なら」 も、これでした。
「受け」 が、8年前に 「攻め」 に告白してフラれているという設定です。で、8年たって、同一人物とは知らず、また 「攻め」 をナンパしちゃうのです。(「攻め」 のほうには、記憶あり)
すっかり忘れている 「受け」 に 「攻め」 が
「やっぱり覚えてないんだな」
って言うんだけど、いい感じなんだなぁ。でも、シリアスな雰囲気はここまでで、あとはコメディタッチもまじえた爽やかなストーリーです。

でもね、これすっごいよかったのに、最後が残念なんです~。
「攻め」 が、8年間ずっと 「受け」 のこと好きだった… ようなこと言うんだけど、そこがどうしてもハッキリしないのです。じゃ、なんで、フったんだよ! みたいなモヤモヤ感でいっぱいです。

+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+

そしてそして、昨日買った 「小説b-boy!」 にも、再会モノが。
ななおあきらさんの 「暗闇でキス」 なんだけど、これは、お互いに再会であることに気がつかないという、ちょっと面白いシチュエーションでした。
お互い、目の前の相手がそれとは知らず、20年前の想い出を語り合っちゃうんです。ひとりはすぐ転校しちゃって、名前を覚えていなくて、もうひとりは、親が再婚して苗字が変わっちゃってたから、なかなか気がつかなかったのでした。
気づいたときの雰囲気が、なんのムードもなく、おばちゃんの世間話みたいな感じでイイです。

ちょっとベタだけど、よかったです、これ。
(さらにずるずるネタバレ)
「受け」 が、網膜剥離で入院しているときに、盲腸で入院してきたのが 「攻め」 なのです。で、ちょっと出来心でキスされちゃうんだけど、包帯したままだから、相手の顔はわからなかったわけです。
で、仕事で再会して、ん~、声が似てるしなぁ、でもなぁ… ってんで、迷った挙げ句、キスさせてもらって本人かどうか確かめるという…

この 「受け」 がヘンな男で、仕事一生懸命のやや暗めな奴かと思えば、やたら可愛かったり、オジさんくさかったり… ああ、面白かったなぁ~。


Trackback People 「萌えるボーイズラブ」
[ 2005/06/16 12:50 ] BL小説・マンガ | TB(0) | CM(0)

英国戀物語エマ 第11章 (過去) 

第11章◆過去

メイドたちの関心は、あの日のウィリアムさん(@お屋敷前)に集中。
これが現実です。
彼女たちが自ら、「一介のメイドが…」 っていってしまうのが、どうにもせつない。
というか、いまはエマを応援しながら見てるから、「せつない」 よりも、にくたらしい。

「ぜったい(エマのこと) "奥様" なんて呼びたくないわ~」 なんて。
エマだったらきっと、雇い主に少しでも関係のある人のことを、そんなふうに言わないのがわかってるから、余計に腹が立ちます。ジョーンズ家には、もっとマシなメイドさんを雇ってもらわなければ。

そして、ジョーンズ氏に、「僕は諦めません」 宣言をするウィリアムさん。
アニメの始まりの頃、ケリーさんのところでモジモジしてた彼とは別人です。
「それなら… 僕が水辺に生きればいい」
のところで、もう涙々でした。

一方、エマ。
あのお店の前を通ればもちろん、公園を歩いていても、雨が降ってきただけでも、ウィリアムさんのことを思い出してしまいます。
でも、ウィリアムさんよりは、肝がすわってるのかな。
諦め… というよりも、やっぱりどうしたって無理なんだもの。

ひとつ気になったのは、アルの家にお邪魔したときのウィリアムさん。
なんで玄関のドア、閉めなかったのかなと思って(笑)
やっぱり、いつも、人に閉めてもらってるからでしょうか。

それと、ウィリアムさんは、エマの身の上話を聞いて、悲しんで、そして怒っていたけど、もし、単なる世間話としてそういう境遇の少女の話を聞いたら、どうだったでしょう。
そんなふうに悲しんだり怒ったりしたかしら。
きっと、そんなこともあるさ、って受け流したんじゃないかな。
でも、それはウィリアムさんが冷たいからじゃなくて、しょうがないことなんだよね。


アーサーさんの出番は、ありませんでした。
でも、話では、ウィリアムさんととっくみあいのケンカをしたとか。
ちょっと見てみたい?

ということで、代わりに…

☆今週のハキム
案外、傍観者なんだねぇ、キミは。


[ 2005/06/14 01:01 ] エマ | TB(2) | CM(0)

八葉抄 ヴォーカル・コレクションだって… 

コンピレーションアルバム
遙かなる時空の中で ~八葉抄~ ヴォーカル・コレクション

こんなものが出るんです。この、商売上手!
ていうか、反則だろー。
だったら、青龍篇も朱雀篇も買わなかったのに。
ぜんぶ買っちゃった人だって、たくさんいるでしょ?
私だって、ドラマはもういいやって思ったけど、歌が聴きたいからと頑張って買ったのに。

今までリリースされた、5枚のキャラクターコレクションに入っていた、八葉+アクラム+シリンの歌に、

新録曲 「永遠の桜吹雪をあなたに…」

というのが入るそうです。
しかしこのタイトル…  "組長と普通の女子高生の恋物語" みたいです。
どんな恥ずかしい歌なのか、楽しみです。
だって、

歌・語り:八葉

って書いてある。
私、語りのある歌は苦手なもので、嬉しいような要らないような、複雑な気持ちです。

そうそう、限定版には、遙か祭2005のライブバージョンなのかな?「遙か、君のもとへ…」と、「遼遠の旅路を行け」が、別ディスクでついてきます。
通常版は2500円だけど、限定版は3200円。高い?普通?
差し替えジャケットっていうのが、キャラコレ1~5のジャケットと同じものだったら、少し惹かれるかも。
(って、2枚は持ってるんだけど・笑)

もちろん、Gamecity でしか買えないわけではありません。
私は amazon で予約しました(結局買うのか)
[ 2005/06/11 02:32 ] 遙かなる時空の中で | TB(0) | CM(1)

うるるんクエスト 発売延期 

「うるるんクエスト恋遊記」の発売が延期になったそうです。なーんだ、楽しみにしてたのに、残念。
D3Pの携帯サイト(http://www.d3p.co.jp/uru/)で、6月8日の情報として載ってました。発売日は7月下旬だそうで、もっと延びちゃうこともあり?
ドラマCDやサントラの発売もさっさと決めておいて、ちょっとカッコ悪いのでは。
ドラマCDのタイトルがまた、カッコ悪いんだよなぁ~

★ 「ファンタジーの中にも危機感もって命がけだった恋愛症候群(仮)」

「仮」って… ここまで具体的に詰めといて 「仮」?(笑)
サントラと一緒に、amazonで予約可なんですけど、ドラマは声優買いする人がいるとしても、ゲームもやってないうちからサントラ予約する人って、そうそういないような気もします。

さて、遅ればせながら、オープニングムービー見ました。
祥ちゃんの歌が、そこかしこで好評だったので、期待200%で見に行ったんだけど、私はちょこっと苦手かな。だから、エンディングテーマに期待です♪
でも、チビキャラとか、点心の絵は可愛いじゃない? チビキャラの輪郭がぼわ~っとしてるのは、拡大してるからかな。
絵は好きです。この方(おもて空良さん)の描く、テニスキャラはホントに可愛いです。
ココで見れます

ただ、いっつも思うんですけど、D3Pってオープニングで惜しげもなく、重要スチルを見せちゃうんですよね。なんでかしら。今回のだって、雑誌に発表になってたからもう知ってたけど、できるなら見たくなかったような気がする。

私が楽しみなキャラは、白銀。苦労性なんだそうです。
あのメガネの女の子ちゃんのお兄さんなのね。どんなお兄さんぶりなんでしょ、会話が楽しみ。
…と思ったんだけど!
シナリオが、「きまスト」とか「召しろま」と同じ人なんだよねぇ…
これは、すっごく不安。唯一、不安。

だって、きまストの苺って、喋りすぎでああいえばこういうタイプで、ほんとに耐えられなかったんだもの。
その点、召しろまの主人公は、名前忘れたけど、まあそれほど腹は立たなかったのよね。でも! あのぽーっとした女の子にはイライラさせられた~。顔見りゃ、○ボタン連打連打だった。
なんかやたら、喋りすぎな気がします、この方のシナリオ。相手の言葉尻を拾って、えんえんくどくどと、たいして意味もない会話を続ける… 前の2作品はそんな感じでした。

と、酷評になっちゃったけど、それでも私はとっても楽しみにしてます、コレ。D3Pは、やたら数出すだけじゃなくて、もっと質の向上を、なんて声も聞くけど、こういう会社もあっていいんじゃないかと思う。

今月、買うゲームがなくなってしまったので、積みゲーで遊ぶことにしました。

・八葉抄(ゼッタイやらないんだけど、一応書いてみた)
・ファンタスティック・フォーチュン(今さらPC廉価版を買った・笑)
・invisible sign(ひとつED見ただけなので)
・咎犬の血(いい加減に終わりたい)
・星の王女3 追加ディスク(本編もやってないのに貸してもらった)

こんな感じかな。あ、うしろ2本は18禁ですので。
[ 2005/06/09 02:01 ] 乙女系ゲーム | TB(0) | CM(4)

英国戀物語エマ 第9章~10章 

第9章「ひとり」の感想を、まだ書いていませんでした。
忙しかったのもあるけれど、悲しい展開で気が進まなかったのかも。
ただ、前々回くらいから、アルの存在がとても嬉しいです。アルは、甘やかさないけれど、ひんやりと現実を突きつけることもしないし、本当にいい人だなぁと思います。

そんなわけで、9章の感想はささっと。
いちばん心に残ったのは、エレノアの行動。ウィリアムに好きな人がいるのを察して、彼の話を聞かずに立ち去るシーン。
エレノアがもっと頭悪い女の子だったら、ちょっとは可哀想に思ったかもしれないけど、案外狡猾なのよね、このお嬢さん。

そして。

第10章◆すれ違い
私がエマだったら、お屋敷には行かない。
泣く話じゃないとは思うんだけど、もう見てるのがせいいっぱいで、ハキムの
"相手がウィリアムだから あきらめた"
っていう強い口調を聞いて、はらはらと泣いてしまった。

でも、ウィリアムさんがどれだけエマを好きか、よくわかりました。
どちらかというと人目を気にしそうな人なのに、屋敷の真ん前でエマのこと抱きしめるくらいだから。
"何も知らなくて 僕 すみませんでした
さぞ心細かっただろうに"
深夜アニメだから、感極まっちゃうのかな、ここでも涙が止まらなかったです。

そして、父登場。
叩かなくたっていいじゃんか。

走り去るエマを、追いかけるウィリアムさん。
オヤジの手を振り払って走り出したのはよかったけど、どうせなら最後まで追いかけてほしかった。

原作でも、こんな感じなのかな。
やっぱり読みたいなぁ。


☆ミニ連載「今週のアーサーさん」
憎ったらしいったら…
あんたも恋してみなさいよっ! そしたらわかるから!
って気分でした。
だけども、そんな役柄の宮田くんはOKです(それはわかったって)

妹の暴走は、そんなに腹立たないかな。まだまだ子どもってことで。
私も、10代の頃、あんな感じだったからよくわかる。


感想が少ないのは、テンションが下がったからじゃなくて、最初に書いたように、進行状況がどうにも悲しくて…。




おお、豪華なパッケージ。録画してディスクに焼いちゃってるし、どうしようかな。
サントラも出ますね、こっちは買います。
[ 2005/06/05 02:51 ] エマ | TB(2) | CM(0)

ふしぎ遊戯 玄武開伝 外伝 鏡の巫女(体験版) 

「パーフェクトワールド」についてきた体験版をプレイしてみました。
といっても、主人公・麻里子が、家にあった古い鏡に吸い込まれ、四神天地書の世界に送り込まれるまでを、クリックして進むだけです。

オープニングは一度しか見ないから、こんな感じでいいと思います。
立ち絵は、製品版はもっと表情が変化するのかな、ちょっと素っ気ない感じです。違和感を感じるのは、遠さのせい? 「遠い」っていうのは、遠くに立ってる=立ち絵が小さい…ってことです。他のゲームもこんな感じだっけ?
プレイヤー(麻里子)の顔アイコンはありません。

「NANA」でも同じことを思ったけど、オリジナルキャラというのにやっぱり無理があるような気がします。だって、多喜子が玄武を招喚して、北甲国を救う物語でしょう? 七星士は、その多喜子を助けて、共に旅する存在なんでしょう?
その中に、麻里子が入っていくのって、ちょっと私は面白くないかな。百歩譲って、麻里子が多喜子と同じ大正時代の女の子だったら、まだ許せたかも。

さらに、匠の存在。きっと、匠と一緒に現代へ戻るEDとか、匠をあっちに置いてひとりで現代へ戻ってくるEDなんかもあるんだろうけど、考えれば考えるほど匠の存在意義について考えてしまいます。

どうして多喜子が主人公じゃ、ダメだったのかしら?
マンガだと、多喜子は女宿は両想いだから、もうそれ以上ゲームでどうこういじりにくいってことなのかもしれませんね。連載もまだまだ続くことだし。
でも、それでも「ふし遊」ファンとしては、どうせ原作を壊す(書き方が悪くてごめん)なら、多喜子になってプレイしながら壊していきたかったです。そうしたら、ほら、あまりに不憫な虚宿に、いい思いをさせてあげたりできたでしょ(*^-^*)

最後に、気になること。
誌面で、渡瀬さんが "キャラが意外なセリフを話す" っておっしゃってます。これ、座談会で声優さんたちも同じことをおっしゃってます。
それって、いちばんダメでしょ(笑)
私は、虚宿は多喜子ひと筋でいてほしいし、ひー様は浮っついたことなんか言わないと思ってるから、麻里子に感情移入できないかもしれないなぁ。麻里子が、虚宿のこと好きになったりしたら、きっとムッとしちゃうもの。

ただ、ゲームのジャケットは素敵です。
中身は、他の乙女ゲーよりも、対象年齢が低めのような気がしました。
あくまでも「外伝」として… そう納得できる人はどうぞ。




[ 2005/06/05 01:54 ] 乙女系ゲーム | TB(0) | CM(0)

ふし遊 玄武開伝 ドラマ2本 

今日買った2冊、「ふしぎ遊戯 玄武開伝 四」と「渡瀬悠宇 パーフェクトワールド ふしぎ遊戯 Vol.5」についてきたCD。コミックスのほうは、限定版があるとは知らなかったので見つけてラッキーでした。私が買ったのは、駅前の小さな本屋さんだけど、まだ10冊近くありました。

さっそく感想。
まず、4巻のミニCDから。 (以下ネタバレ)

■ 外伝 誘拐された巫女
出演は、多喜子・女宿・虚宿・室宿で、女宿の女バージョンは出てきません。
足を痛めて疲労困ぱいの多喜子になんとか休んでもらいたい! と虚宿と女宿は賊を装って、多喜子を誘拐。手料理を食べさせたり、温泉で休ませようとするんだけど、ことごとく失敗してしまう… そんなお話です。

賊のふりをしてるとき、虚宿は声色を変えてるんだけど、女宿はそのまんまなのが、やる気なさげで笑えました。室宿はキュートです、声もイメージどおり。
それにしても、雪野さん演じる多喜子は、頭よさそう。もし、美朱だったら、こんなときコロっとだまされちゃうんだろうなぁ~なんて思いながら聞いてました。
白虎の鈴乃さんも、やまとなでしこって雰囲気だったし、唯ちゃんも頭はキレたでしょ。こうして振り返ってみると、やっぱり美朱だけがバカっぽい…

続いて、「パーフェクトワールド Vol.5」 のCD。

■ 湯けむり妄想事件簿 ~斗宿は見た!!~
きゃほー、ひー様が主人公です。
仲間になったばかりの斗宿を連れて、温泉に来た一行。
虚宿がヘマをして、斗宿の目を覆っていた包帯をぬらしてしまい、乾かすことになります。そこで、斗宿はせっかくだからと、自分の "し鏡監"("し"は「示」へんに「見」という字)を使って、みんなの心に潜む欲望をのぞくことにしたのですが…。

いつもはクールに見えるひー様だけど、かなり頭おかしいよ。
"し鏡監" は、人の心の奥底に眠るものを見ることができる、斗宿の目なんだけど、ここで見えてるのはそんなたいそうなものじゃなくて、単に斗宿の妄想です、たぶん。

その妄想の中では、多喜子と女宿(♂♀両方)が一緒に温泉に入ったり、ソルエンが女宿(♂)のカラダを洗ってあげたり…と、わけわからない内容です。
特にソルエン。これっていいんでしょうか。
小学生ファンも多数買うであろうコミックスのおまけCDがこんなんで、本当に…

■座談会
出席者:櫻井・雪野・岩永・長沢・緒方
(ひー様役の檜山さんとソルエンの小野さんはいません)

13分くらいだったかな、結構長いです。
なんで檜山さんいないかな。
こんなバカ話(失礼)をしていても、雪野さんの声がほんとにキレイで気持ちがよかった。


「パーフェクトワールド」のCDには、PS2「鏡の巫女」の体験版も入ってたので、次の日記で感想書きますね。

今日の買い物 

いろいろ。

・ ふしぎ遊戯 玄武開伝 四 (CD付)
・ ふしぎ遊戯 パーフェクトワールド Vol.5
・ 遙かなる時空の中で 10
・ 銀の手のバルドス (ウスカバルドの末裔)
・ 東山道転墜異聞 1


「ふし遊」 コミックスのほうは、へぇCD付きか… (まったく知らなかった)
「パーフェクトワールド」 は、へぇ体験版付きか… ( 〃 )
両方とも、ドラマが面白かったです。ひー様が大活躍ですvv
ゲームは… ちょっと微妙かなぁ。
感想はのちほど。(※ひー様:斗宿)

「遙か 10」 は、泰明さんがほろほろと涙を流す、私の大好きなところが収録されています…
が… が…
すんごい大感動の場面に、雑誌掲載時に広告が入ってたであろうスペースがあって、そこに景時と譲のチビキャライラストが挿入されてるんですよ。
なんか、もう雰囲気台無しになっちゃってるので、ぜひぜひ見てみてください(怒)

「ウスカバルドの末裔」の続編が、こんなにすぐ出るとは思わかなったです。前作は、前編がちょっと読むのが苦しくて挫折しそうになったものの、後編で号泣… 胸をえぐられる気分でした。
この続編は、新キャラが登場、カノンとバルがちょっと危ない目に合うみたいです。最初のほうをチラっと読んだんだけど、カノンとバルが普通に会話していて、ああよかったなぁと思いました。
感想はまた後日。

「東山…」は復刊です。
いま、春菊さんのフェア開催中ですけど、全サやらプレゼントやらあれこれあって、どれとどれをどの応募用紙に貼って… っていうのが、もうややこしくてややこしくて。
とりあえず、「絵日記&おこづかい帳」だけでも出さないと。今月末締め切りです、みなさまもお忘れなきよう。

LOVELESS 第9話 (SKINLESS) 

ちょっとダメ… 渚先生に耐えられなかった。

第9話◆SKINLESS

ケガをした草灯を助けに向かった奈津生と瑶二は、立夏とご対面。
草灯の「立夏にちょっかい出すな」は、ちょっと想像と違ったけど、息も絶え絶えで色っぽかった。

一方、江夜と倭。
BLは平気なくせに、このふたりのキスシーンには違和感を感じる自分にちょっとショックでした。
嫌悪感ではないのだけど、あの境内でのシーンに入っていけずに、置いていかれた気がしました。
偏見はないつもりなんだけど。

それに、渚先生。
私、ダメだ、この人。
マンガでもつかめない人だけど、声がついたら、もう我慢できなくなってしまった。
倭への物言いも憎たらしいし、律先生への態度も大人げないし、この先、どれだけ頑張れるか、私。

さて、草灯の部屋では、奈津生と瑶二が、立夏に戦いのいろはを教えていました。

"ひとりで戦わせてるから 草灯がケガばっかりしてる"
"戦闘機が戦闘システム展開してるのに 気がつかないなんて"
"草灯とお前は つながってない"

と、言われ放題の立夏。
そんなことないよね、最近はちゃんと気づいてたよ、つながってたよ、と私は思うんだけど、実際はどうなんでしょう。
その彼らのいう、唯一無二の関係というのに、なれるのかしら。
そもそも、草灯が何をどう考えてるのかが、私はわからないのでイライラするばかりです。

だけど 「好きだよ」 っていうのは、本当なんだろうけど。
(やっと、生で聞けた)

来週は、いよいよ2対2での戦い。

+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+





DVD、楽しみです。
私は、4話から録画したので、vol.2まで買うかな。
本当はぜんぶ欲しいけど。

[ 2005/06/03 06:45 ] LOVELESS | TB(5) | CM(0)
profile

ゆり

  • Author:ゆり
  • こんにちは、ゆりです。

    しばらくお休みしていました。
    すっかり忘れられていると思いますが また「愛のあるものv」について だらだらと綴っていくことにしました。

    いまは「恋華2」と「ルーンファクトリ2」「カードヒーロー」をやってます。
    楽しみにしているのは「DSときメモ2」「白銀」そして「遙か4」かな。

    (2008.1.21)



search
mail me

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。