スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ツバサ・クロニクル 第1話 

結構、進んだのでびっくり。
ちょっとわかりにくかったかな…

第1話◆必然のデアイ

まずは、ん~?という点から。

さくら、もう少し賢そうに喋ってもよいのでは?
声は可愛くてOK。
マンガのセリフもさほど変わらないんだけど、あの喋り方だと…。小狼は、これでいいと思う。私は好き。

さくらが小狼に「好き」って言おうと思ったときに、鐘がなって、言えなくなっちゃうシーン。
あの鐘って、も~~~~~っと低くてでっかくてすっごい音だと思うんですよ。
あれで、ふっ飛ばされるくらい驚くのが面白いのに。

だからってわけじゃないけど、桃矢もなんかおとなしすぎ~。
もっと大人げなくてもいい。
雪兎は、よかった(笑)

でもって、黒鋼!
彼が侑子のもとに送られることになる前後のジタバタが、すっかり端折られててがっかり。
あそこ、可愛いのに!好きなのに!
次回、あっちに行ってからも、シリアス路線オンリーだったら、怒るぞ。

だけど、雰囲気は好きでした。
さくらの羽根が飛び散ってから、雪兎に飛ばされるところまでが、音楽に急かされるようにノンストップで流れていくでしょう?
あの行き詰まる感じ、ちょっとゾクっときました。

文句ばっかり書いてるけど、これでもかなり気に入ってるんです。私は、「さくら」のアニメを見てないから、声に対する違和感もないのです。

あ、ファイもよかったよ。

↓この表紙がいちばん好きv
スポンサーサイト

[ 2005/04/10 06:24 ] ツバサ・クロニクル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
profile

ゆり

  • Author:ゆり
  • こんにちは、ゆりです。

    しばらくお休みしていました。
    すっかり忘れられていると思いますが また「愛のあるものv」について だらだらと綴っていくことにしました。

    いまは「恋華2」と「ルーンファクトリ2」「カードヒーロー」をやってます。
    楽しみにしているのは「DSときメモ2」「白銀」そして「遙か4」かな。

    (2008.1.21)



search
mail me

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。