スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LOVELESS 第6話 

やっと聞けた、「好きだよ、立夏」。
回想シーンと、DVDのコマーシャルだったけれど、それでもよかった。

第6話◆PAINLESS

なんて、小憎たらしい、瑶二と奈津生。
ここはマンガでも、いや~なシーンだけど、声付きだとさらにクソガキでした。
でも、吠えてうるさいから…と、犬を殺ってしまうところは、いかにもこの世の血の通った少年とは違う雰囲気が出ていて、好きなんです。
何発も殴ったり蹴ったりするわけじゃなくて、一撃でしょう。そこが、ちょっとゾクっと…(危険?)

「釘」のところまで、話が進んでしまうのではと、音を消す準備をしながら見てましたが、序の口で終わってしまいましたね。
次回は痛くなりそうです。


気の毒だった人。
ひとりは、弥生さん。
なんだか、丸尾くん(@ちびまる子ちゃん)みたいになっちゃってさ。
立夏のこと、恋のライバルって思ってるんだけれど、一緒に遊びにも行けば、合奏部に誘ったりもする。
あのくらいの年頃の男の子って、結構寛容なのかしら。
それとも、「ユイコさんの好きな人だから、僕も仲よくする」 という潔さ?(子どもっぽさ?)
…なんて、真剣に考えてみたりして(笑)

でも、「キモい」 なんて言われたらねぇ。
立夏に泣きついてましたね。ふたりが親友になればいいな。


もうひとりの気の毒な人は、どうしたって瞳先生でしょ。
またしても、草灯にひどい言われようでした。多分、来週はもっとひどい… 原作どおりなら。
瞳先生の出てくるシーンは、毎回毎回、先生が引け目を感じたり、恥ずかしがったりしている気持ちがすごく伝わってきて、女性としては目をそむけたくなってしまいます。
原作でも同じで、どんくさいなぁ、ダメじゃん、って思うんだけれど、なんだか嫌いになれないのです。


あれっ、立夏のこと、ぜんぜん書いてない! 何かひと言、書かなくちゃ。立夏の言うことは、私には難しくて、よくわからないのが本当のところです。だから、毎週悩みます。
スポンサーサイト

[ 2005/05/12 14:55 ] LOVELESS | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://lilika.blog7.fc2.com/tb.php/65-bd6c14d4

ごぼうのパスタを一緒に食べた友達が、女の子とわかった時の勝子先生のドスの聞いた「敵だわ。(ぼそ」という一言が怖かったです・・・。確かに立夏が草灯ぐらいの歳になったらカッコいいだろうなぁと想像していたら、どっかのマ王ちっくな顔が思い浮かんだのは秘密です。こう
[2005/05/12 19:07] 蛙・鳴・蝉・噪
profile

ゆり

  • Author:ゆり
  • こんにちは、ゆりです。

    しばらくお休みしていました。
    すっかり忘れられていると思いますが また「愛のあるものv」について だらだらと綴っていくことにしました。

    いまは「恋華2」と「ルーンファクトリ2」「カードヒーロー」をやってます。
    楽しみにしているのは「DSときメモ2」「白銀」そして「遙か4」かな。

    (2008.1.21)



search
mail me

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。