スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ツバサ・クロニクル 第7話 (砕けたカタミ) 

悲しいほど話が進みませんでした。
あんまり書きたいこともないのです…
でも、助さん格さんが見れたからいいわ。

第7話◆砕けたカタミ

ハンシン共和国の次は、ナユタヤ王国へ飛ばされた一行。
早速、領主の息子(ブルガル)に難癖つけられます。
サクラに手をかけたブルガルに、跳び蹴り喰らわす小狼。
カッコよかった。

相手を見据えて視線をそらさない小狼。
黒ぴーに 「前だけ見てろ」 って言われて、また一層強くなったのかもしれません。

それにしても、この領主親子、悪役としてほーんと魅力ないんだもの、つまんないわ。
"オヤジさま" のほうは、顔も雰囲気もいくら凄んだって怖くないでし、アホ息子のほうも、どうせならも~っとお坊ちゃま風なほうがおもしろかったかも。
チュニャンに言い込められて、パパに泣きつく… そんな感じだったら、まだ味のあるキャラになってような気がします。

そのアホ息子を相手に闘うシーン。
せっかく、小狼がカラダを張って闘うんだから、もっと戦闘らしい戦闘シーンにしてくれたらよかったのに。
敵は、術で出した幻影なんだから、迫力に欠けるのはしかたないのかもしれないけど、ちょっと手抜きなんじゃないの~と思う私でした。

というわけで、今週はもう書くことがありません。
次回は何にドッキドキかというと、

「ラブラブなふたり」 にドッキドキ!

ですって。
これって、ファイと黒ぴーのことだよね。
あの蜘蛛女みたいな人(違う)と、塩酸バトル(だから違う)するんだよね。
あそこは、映画で見たいくらいのシーンです。
ふたりとも口には出さないけれど、もうしっかり仲間としての絆で結ばれていて、サクラや小狼、そして自分たちのために捨て身で戦う、3巻のクライマックスです。
ボロボロになってもファイは魔法を使わないし、黒鋼は力が衰えていくのがわかってても戦う。でも、ファイの色っぽい戦いぶりは変わらないし、黒鋼もすごく男らしくて、マンガではちょっと泣けました。
どうか、アニメでも心に残るシーンになりますように。


……あれ?
ラブラブって、もしかして黒ぴーと蜘蛛女の○○シーンのこといってるの?
あれをモコナが「黒ぴっぴ、らぶらぶ~っ!」ってひやかすとか?
(だから蜘蛛女じゃないし、キスシーンでもないから)
スポンサーサイト

[ 2005/05/23 20:17 ] ツバサ・クロニクル | TB(5) | CM(2)
こんにちは。TBありがとうございました。
原作は知らないのですが、戦闘シーンがもう少し
盛り上がってもいいかなといつも感じてます。
次回はかなり重要な戦いがあるのですね?楽しみです。
それから、「遥か」と「ヘヴン」の記事も楽しく拝見しましたv
[ 2005/05/24 07:30 ] rico [ 編集 ]
ricoさん、来てくださってありがとうございます。

>重要な戦い
原作では、かなり壮大なバトルだったと思うんですけど、他のかたはどうなんでしょう?

でも、他はさておき、いつもファイだけは素敵にアニメ化されているような気がするので、たぶんイケるんじゃないかと思います。

放映されたら、またお話してくださいね。
[ 2005/05/24 16:58 ] リリカ [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://lilika.blog7.fc2.com/tb.php/70-1a4e2ee2

1話から、ずっと違和感だったモコナの声が、回を重ねるたびに慣れてきました。アニメの方も少しずつでありますが、味みたいなものが出てきました。今回、韓ドラを観たあとに これを観たので、…どうしても韓ドラ感想みたいにツッコミを入れた感想になってしまいました…。(
[2005/05/24 18:25] ++ごちゃまぜ++
最近、今まで守っていた姫様に「だあれ?」といわれてショックを受けている全国のツバサクロニクルファンの皆様早速感想に入ります。
「何か 到着早々 ハデだったねぇ」            私も同感です{/face_ase2/}小狼達は怪しげな術師父子が領主として支配している国へたどり着く。そこで出会ったチュニャンという少女は、小狼一行を世を正すために旅をしている国の隠密と勘違いする。彼女は母親を
[2005/05/24 07:33] 読観日記+遊
「下を向くな。 やんなきゃならねぇことがあるなら...、前だけ見てろ」黒鋼のセリフから始まった今週は、新しい舞台となるナユタヤ国へ。 落ちた先は原作では既にわいわいと騒がしかったですが、いたって平和な状態でしたね。 ボーっとするサクラちゃんを掴んだブルガルに蹴
 「メジャー」いよいよ最終回。ラッキーな展開で勝てた感じですが、流れが良くてご都合主義には見えなかったですv ゴローがホームインするまでが長いな~とは思いましたが、あれくらいないと感動しないかも(^^) 樫本監督は、ベンチ姿の方がカッコ良かったです。(笑)
[2005/05/23 23:08] ♪せおの時間日記♪
profile

ゆり

  • Author:ゆり
  • こんにちは、ゆりです。

    しばらくお休みしていました。
    すっかり忘れられていると思いますが また「愛のあるものv」について だらだらと綴っていくことにしました。

    いまは「恋華2」と「ルーンファクトリ2」「カードヒーロー」をやってます。
    楽しみにしているのは「DSときメモ2」「白銀」そして「遙か4」かな。

    (2008.1.21)



search
mail me

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。