スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LaLa 4月号「遙か&コルダ ドキ★ドキ ドラマCD」その1 

LaLa 4月号についてきた、「遙か&コルダ ドキ★ドキ ドラマCD」。
もうドラマはいいよ、って思ってたけど、意外に(失礼)面白かったです。

まず、コルダ。
コミックス3巻に収録されていた、冬海ちゃん宅での合宿の話。
ひょんなことから、火原っちが香穂子の上へ、キスしちゃいそうなポジションで倒れ込む場面。
ここは、音だけだとわかりにくいでしょ、って思ってたけど、やっぱりわからなかった。
ま、みんなマンガ読んでることが前提なのかな。

で、マンガの蓮ちゃんは、動転して走り去る香穂子とぶつかって、ちょっとだけ意識するものの、あとは比較的、我関せずなのよね。
だけど、ドラマだとな~んかちびっ子探偵みたいでしつこいの!

香穂ちゃんとぶつかったとき、
「なんだ今の顔は… 赤かったが熱でもあるのか…」
っていうセリフが入っていましたが、みなさん、ちょっとマンガ見てください!
ここの蓮ちゃん、すんごい恥ずかしそうにしてるんですよ~、ちょっとCDとは違うでしょ?
「熱でもあるのか…」なんて気取ってる余裕なんかないはずなのに~、ちょっと残念?(お前だけだ)

柚っ木と一緒に、火原のところに乗り込んでいったときは、
「日野さんが、どこか怪我したのか」
「ちゃんと説明してください」
「ここで何があったんですか」
って、根掘り葉掘り…
マンガでも、このくらい蓮ちゃんは香穂子に執着してほしいな。

出番は、
香穂子=火原=土浦>柚木>月森>>志水
こんな感じかな。
火原っちは、叫びまくりです。

あ、座談会も入ってるんだった。
コルダのフリートークは、みんな穏健派って感じが漂っていて、安心して聞けます。
「遙か」については明日。
スポンサーサイト

[ 2005/03/11 14:35 ] 金色のコルダ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
profile

ゆり

  • Author:ゆり
  • こんにちは、ゆりです。

    しばらくお休みしていました。
    すっかり忘れられていると思いますが また「愛のあるものv」について だらだらと綴っていくことにしました。

    いまは「恋華2」と「ルーンファクトリ2」「カードヒーロー」をやってます。
    楽しみにしているのは「DSときメモ2」「白銀」そして「遙か4」かな。

    (2008.1.21)



search
mail me

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。