スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

英国戀物語エマ 第11章 (過去) 

第11章◆過去

メイドたちの関心は、あの日のウィリアムさん(@お屋敷前)に集中。
これが現実です。
彼女たちが自ら、「一介のメイドが…」 っていってしまうのが、どうにもせつない。
というか、いまはエマを応援しながら見てるから、「せつない」 よりも、にくたらしい。

「ぜったい(エマのこと) "奥様" なんて呼びたくないわ~」 なんて。
エマだったらきっと、雇い主に少しでも関係のある人のことを、そんなふうに言わないのがわかってるから、余計に腹が立ちます。ジョーンズ家には、もっとマシなメイドさんを雇ってもらわなければ。

そして、ジョーンズ氏に、「僕は諦めません」 宣言をするウィリアムさん。
アニメの始まりの頃、ケリーさんのところでモジモジしてた彼とは別人です。
「それなら… 僕が水辺に生きればいい」
のところで、もう涙々でした。

一方、エマ。
あのお店の前を通ればもちろん、公園を歩いていても、雨が降ってきただけでも、ウィリアムさんのことを思い出してしまいます。
でも、ウィリアムさんよりは、肝がすわってるのかな。
諦め… というよりも、やっぱりどうしたって無理なんだもの。

ひとつ気になったのは、アルの家にお邪魔したときのウィリアムさん。
なんで玄関のドア、閉めなかったのかなと思って(笑)
やっぱり、いつも、人に閉めてもらってるからでしょうか。

それと、ウィリアムさんは、エマの身の上話を聞いて、悲しんで、そして怒っていたけど、もし、単なる世間話としてそういう境遇の少女の話を聞いたら、どうだったでしょう。
そんなふうに悲しんだり怒ったりしたかしら。
きっと、そんなこともあるさ、って受け流したんじゃないかな。
でも、それはウィリアムさんが冷たいからじゃなくて、しょうがないことなんだよね。


アーサーさんの出番は、ありませんでした。
でも、話では、ウィリアムさんととっくみあいのケンカをしたとか。
ちょっと見てみたい?

ということで、代わりに…

☆今週のハキム
案外、傍観者なんだねぇ、キミは。

スポンサーサイト

[ 2005/06/14 01:01 ] エマ | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://lilika.blog7.fc2.com/tb.php/86-563087f8

またもや職質に・・・。 あらら。しかも家から30Mのとこ。うちの近所どんだけ、危険なのか?とりあえず見たアニメの感想でも。 短いのはそれほど入れ込んでなかったり、タイムブランクがあったりするからで。うえき週初めなんであんま記憶が・・・、あ~、ロベルト十団の
「過去」 アルに故郷に帰ることを告げるエマ。アルは、ケリーから「力になって欲しい
[2005/06/15 07:01] たこの感想文
profile

ゆり

  • Author:ゆり
  • こんにちは、ゆりです。

    しばらくお休みしていました。
    すっかり忘れられていると思いますが また「愛のあるものv」について だらだらと綴っていくことにしました。

    いまは「恋華2」と「ルーンファクトリ2」「カードヒーロー」をやってます。
    楽しみにしているのは「DSときメモ2」「白銀」そして「遙か4」かな。

    (2008.1.21)



search
mail me

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。