スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ツバサ・クロニクル 第11話(選ばれたアシタ) 

第11話◆選ばれたアシタ

前回の「別離のカガミ」の感想、書いていません。
期待していた、キィシム vs. ファイ&黒ぴーの酸性雨バトルが、あまりにもしょぼかったので。
しょぼい、というのは違うかな、今までの戦闘シーンと同じく生ぬるかったといったほうがいいのか。

今回も。
ダンバルと小狼の闘いに、いまひとつ緊迫感が漂っていません。
私、このアニメの "間" や、まったり感は嫌いじゃないんです。でも、闘うときは、シャキーンとしてほしい、リズムをもっと大切にしてほしい、そう思います。

それでもやっと、アホ親子をやっつけることができて、ひと安心。
と、同時に、この国ともお別れなのは寂しいですが。
最後、キィシムがダンバルを連れて行くところは、ちょっとゾクっときましたね。
彼女の国で、いったいどんな責め苦にあうのやら… 想像しただけで恐ろしいです。

そして、密偵衆が!(笑)
か~わい~い。

次回は、「モコナのものまねにドッキドキ~♪」
ゼッタイ、原作と同じにやってね、あー楽しみ。
スポンサーサイト

[ 2005/06/21 14:19 ] ツバサ・クロニクル | TB(2) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://lilika.blog7.fc2.com/tb.php/89-17e3b498

もともと冗長気味の話からさらに冗長を高めたようなウリナラ共和国篇もやっとこさ終了。魔女のおばちゃんにさらわれた両斑のおっさんは一体ナニされるんでしょうね。息子のほうは現在マガジンで見れるんでアニメでもいずれまた会えるのでしょうが、親父の方は見当たらな
[2005/06/21 20:20] なななな駄文
最近、原作とは違う技で勝利を収める小狼や黒鋼に困惑をしている全国のツバサクロニクルファンの皆様!早速感想に入ります。
profile

ゆり

  • Author:ゆり
  • こんにちは、ゆりです。

    しばらくお休みしていました。
    すっかり忘れられていると思いますが また「愛のあるものv」について だらだらと綴っていくことにしました。

    いまは「恋華2」と「ルーンファクトリ2」「カードヒーロー」をやってます。
    楽しみにしているのは「DSときメモ2」「白銀」そして「遙か4」かな。

    (2008.1.21)



search
mail me

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。